【なぜ女性に冷え性が多いのか?】

前回、

「冷え性」は「冷え症」ではない

「冷え性」は病気ではないという記事をかきました。

 

同じ寒さなのに男の人より女の人のが寒がってない?

 

では、なんで男の人より女の人のが「冷え性」が多いのか?

 

1.女性ホルモンのバランス

「冷え性」の大きな原因の一つに自律神経の乱れがあります・

自律神経の乱れはは女性ホルモンが乱れることと、深く関わっています。

女性には妊娠と更年期があります。

この時期が原因でホルモンが乱れ、冷え性がひどくなることがあります。

また、無理なダイエットは女性ホルモンが乱れ生理不順を招くとともに

冷え性の原因となります。

 

2.衣服のこと

男性に比べて女性は体にぴったりとした服をきたり

ミニスカートを着たり、夏はへそ出しファッションにしたりと

薄着ファッションが体を急激にひやしてしまったり

体を締め付け血液の流れを悪くしてしまって

冷え性になりやすい傾向にあります。

下腹部は生殖器などから排出された老廃物を処理するため

全血液の1/3にあたる量がめぐっている大切な重要な場所です。

しかし、おへそをだしたり締め付けたりする服装は

下腹部が冷えるし体内の血液がうまく巡ることができず

身体全体の血液循環が滞ってさらに冷えを引き起こす原因となります。

3.ダイエットのこと

低血圧の人は血液を運ぶ力が高血圧の人より弱いです。

運ぼうと頑張ってしまうので体力が落ちてしまうということです。

女性の身体は男性に比べると脂肪が多くなっています。

脂肪は冷えをため込みやすい特徴があるので

女性は男性に比べて冷えやすいです。

脂肪が多いからと言って無理なダイエットはダメですよおねがい

無理なダイエットは栄養不足になったり貧血を起こしたりします。

なぜ、女性のほうが冷え性の人が多いかわかりましたか?

 

 

 

 

次回は冷え性の種類と対策についてお話します。

(冷え性にもいくつか種類があって対策も違います・・

サロンスッチムでは

「冷え性」改善したい人メニューとして

よもぎ蒸し、仙骨リバース、深部エナジーを用意しています。ウインク

 

 

 

 

 

 

関連記事一覧

PAGE TOP